ドケルバン病とは

手首

ドケルバン病とは

手首の親指側にある腱鞘(神経や腱のトンネル)を通過する腱に炎症が起こった状態です。

その腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなることで手首の親指側が痛みや腫れが起きます。特に親指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い痛みが走ります。

ドケルバン病の種類・原因

親指(手のひら)を広げると手首の甲の側の親側の部分に腱が張って2本の線が浮かび上がります。

ドケルバン病はこの親指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある腱のトンネルを通るところに生じる腱鞘炎です。

ですので痛む場所が手首の親指側に出るのがドケルバン病の特徴です。

痛み方としては親指を曲げたり動かした時に痛みが出ます。

フィンケルシュタインテスト

親指を小指側に牽引(引っ張る)したときに痛みが強くなることで診断します。

他にはじゃんけんのグーの形を作り、その状態で親指を他の4本の指で握り親指を天井に向けて手首を小指の方向に倒すとことで痛みの有無でも判断します。

原因

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。このことから女性ホルモンが影響していると考えられます。

他には手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人に多いのが特徴です。

ホルモンバランスで組織の変形と手の使い過ぎによる炎症でドケルバン病が発生しやすいくなります。

手首

ドケルバン病の一般的な治療法とは

病院

安静

薬:抗炎症薬

手術

 

民間療法

安静

マッサージ

温泉

サポーター

いろどり整体ではどのように対応するのか?

疲労→骨盤のゆがみ→不良姿勢→血行不良→老廃物の停滞→筋肉の損傷→ドケルバン病の発生

このような流れでドケルバン病による手首の痛みが発生します。

 

ドケルバン病でお悩みの方はいろどり整体にお気軽にご相談下さいませ。

きっとあなたのドケルバン病は改善します。

腱鞘炎について詳しくはこちら

腱鞘炎

この記事に関する関連記事