手根管症候群とは

手根管症候群とは

手首(手のひら側)の真ん中を走る正中神経が手根管と言われる神経のトンネルを通っていますが、その手根管が圧迫されて神経に触れるせいで手首や腕を動かしたときに手の痛みやしびれを引き起こすのが手根管症候群です。

手根管症候群の症状・原因

手根管症候群の症状

突発的に痛みとしびれの症状・手のこわばり感・親指と人差し指でOKサインが出来ない・手先の細かな作業が出来ない。

初期:人差し指、中指への症状

後期:親指への症状

悪化すると日常生活でも支障が出て手術をする場合もございます。

手根管症候群の原因

突発的な発症も多く直接的な原因は不明と言われています。

妊娠・出産期や更年期の女性が多く発症するのが特徴です。このことから女性ホルモンの影響で手首周辺の軟部組織の変異もあると考えられます。

そのほかには、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じやすいです。

合併症の発症として

関節性リウマチ・恒常性機能低下症・腫瘍などで手根管症候群が発症する場合があります。

手根管症候群の一般的な治療法とは

病院

安静

サポーター

薬:抗炎症薬、ビタミン剤

手術

民間療法

冷やす・温める

温泉

ストレッチ

マッサージ

いろどり整体ではどのように対応するのか?

疲労→骨盤のゆがみ→不良姿勢→血行不良→老廃物の停滞→筋肉の損傷→手根管症候群の発生

このような流れで手根管症候群が発生していると考えられます。

 

手根管症候群でお悩みの方はいろどり整体にお気軽にご相談下さいませ。

きっとあなたの手根管症候群は改善します。

腱鞘炎について詳しくはこちら

腱鞘炎

この記事に関する関連記事