アトピー肌の対策・スキンケア

アトピー肌の方の特徴

アトピー肌の方の特徴としまして肌の乾燥と代謝が早すぎがあります。

そのせいでお肌のバリヤー機能が低下することで肌に炎症が起き「かゆみ」が発生します。

肌の乾燥と代謝が早くなるため→肌が不衛生・保湿出来ていない→炎症→かゆみ→掻き破る→肌が傷つく→ジュクジュク肌→かゆみの悪化、と悪循環が起きます。

アトピー肌の方の対策・スキンケア

肌を清潔に保つ・肌の保湿ことがアトピー肌のスキンケアに大切です。

肌を清潔に保つ

アトピー肌の方は肌の代謝が早すぎるためにどうしても肌に菌が増殖しやすくなります。

その為対策としましてはシャワーなどで肌を清潔に保つことが大切です。

洗い方としてはスポンジなどでごしごし洗うのは弱った肌に大敵ですので、手で優しくあることをお勧めします。

出来れば界面活性剤の入っていない物を利用する方がお肌への負担は減ります。

ボディーソープより固形石鹸の方が余計な添加物などが少なくアトピーの方には肌への負担が少なくておススメです。

肌の保湿を守る

一番の保湿剤は体の中から出てきます。汗や湿潤液や皮脂などがそれに当たります。

ですので、むやみに肌から出ている体液(汗・湿潤液)を拭き取る行為は肌のバリヤー機能を低下させ更にお肌の乾燥を作り出します。

その為、洗顔やお風呂で体をごしごし洗い過ぎることでお肌が突っ張ったりするのはお肌の潤いを必要以上に落としすぎているせいです。

対策としては保湿のためにローションやクリームなどで肌のバリヤーを保護することも大切です。

ローションは保水の役目・クリームは保護の役目

使用するときはローションが肌に浸透(保水)してからクリームで保護(蓋)する方のが好ましいです。

ローション・クリームなど肌に塗布するものはなるべくアルコールが少ない物をお勧めします。

アルコールが含有された物をお肌に塗布しますとアルコールと一緒にお肌の水分も蒸発して肌が乾燥するからです。

最初からいきなり薬をやめることはお勧めしません。かゆみを抑えるのに一番効き目があるのはお薬ですし、掻き過ぎによる飛び火など細菌の感染予防のためには初めのうちはお薬の処置も大事です。

最初のうちは薬とローション・クリームの併用でお肌の保湿を心掛けましょう。

(薬は毒だという理論がありますが必要に応じて薬を使用して症状を抑えて掻き破りを抑える場合も大事です。)

お体の状態を診て徐々に薬の量を減らしていくのが一番好ましい方法です。

お体の状態が良くなってきますと汗や湿潤液・皮脂が自然と出るようになってきます。そうなって来たらかゆみの炎症も軽減していきますので薬を減らすサインでもあります。

薬が減って来たら次はローション・クリームをメインにスキンケアしていきましょう。

最後はローション・クリームは必要な時にだけ使用しご自身の汗や湿潤液・皮脂で自然にスキンケア出来る状態を目指しましょう。

 

最初は薬やローション・クリームに頼り症状を緩和させていき、症状が緩和していくにつれて量を減らしていくことが大切です。

アトピー改善のゴールは薬やローション・クリームに頼り過ぎないお体になることです。

唯一お肌は体の外側にある大切な臓器でもあり、お肌の調子=内臓などの体内の調子と言えます。

スキンケアを通して体の中側の状態を聞き取るつもりでスキンケアをしていきましょう。

ひざ裏のアトピー 

before画像
after画像

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ひじ アトピー

before画像
after画像

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

腕のアトピー

before画像

かゆみから掻き破った跡があります。

after画像

掻き破りも減り、肌が綺麗に。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

アトピー

before画像

湿疹の赤みあり。

after画像

湿疹の赤み軽減

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

首のアトピー

before画像

掻いた傷あり。

after画像

掻き傷なし。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

アトピーについて詳しくはこちら

アトピー

この記事に関する関連記事

藤枝の整体「いろどり整体」痛くない整体で地域ナンバー1

〒426-0051静岡県藤枝市大洲2丁目17-11