ぎっくり腰

 

 

「ぎっくり腰」症例のページです。

ギックリ腰になると日常生活の動作も痛くて、ひどい痛みから椅子から立つのや寝返りも辛くなりますよね?

過去に一度はギックリ腰になったことのある方も多いと思います。

こちらのページではギックリ腰が改善した方の症例をお伝えしていきます。

 

ギックリ腰といっても原因は人それぞれです。

よく「クシャミをした時に腰が痛んだ」「物を持った時にビキっと腰が痛んだ」などと言いますが、これは痛みを起こしたきっかけの動作でしかありません。

ギックリ腰になる流れ

「普段の生活で疲労の蓄積→体のゆがみ→血行不良→腰の筋肉に負担が蓄積→痛みを引き起こす動作(物を持つ・クシャミなど)→ギックリ腰の発症」

上記のような流れでギックリ腰になっている方が多いです。

 

いろどり整体では、あなたのギックリ腰を引き起こす原因である、体のゆがみを検査で見つけていきます。

そして、その腰に負担を掛けていたゆがみを調整することで辛いギックリ腰の痛みが改善していきますので安心してください。

症状

30代 女性  主婦  青島様 藤枝市

 

お子様を抱っこした時に痛みが走りギックリ腰を発症。

動くだけで背中~腰(特に左側)にかけての痛み、姿勢を変えるのが辛い。

深く呼吸をすると背中に痛みが出る。

1回目施術の午前中にギックリ腰を発症、その日の午後に施術。

施術

施術、1回目

検査

腰の回旋:左NG、右NG  左右に回旋時に腰から背中にかけての痛みがあり。

足の挙上:腰に痛み有

股関節:左NG、右OK 左股関節を検査時に痛み有

骨盤:左NG、右NG 痛み有

背骨:上NG、下NG 痛み有

腎臓の固さ

施術

  • 骨盤の調整でゆがみの改善
  • 筋肉の調整で血行改善

ゆがみの調整と血行改善を目的とした施術を行いました。

施術後

腰の回旋時の痛みは残るが動きの幅の改善。

施術前は深い呼吸をすると背中に痛みが出ていたが術後は呼吸時の痛みの緩和。

椅子から立ち上がる時の腰の痛みの程度緩和。

施術、2回目  1回目の施術から5日後

カウンセリング

前回より痛みの程度は改善、背中の痛みは改善したが腰の痛みは残る。

呼吸時の背中の痛みの緩和。

まだ姿勢を変えたり家事や抱っこの時に腰から背中の痛みは残る。

検査

腰の回旋:左OK、右NG  右に回旋時に左腰に痛みあり・左に回旋時は痛みなし。

足の挙上:腰に痛みはあるが可動域は正常

股関節:左NG、右OK 左股関節を検査時に痛み有

骨盤;左NG、右NG 痛みなし

ひざ:左NG、右OK

施術

  • 骨盤の調整でゆがみ改善
  • 筋肉の調整で血行改善

ゆがみを整えて血行を改善したことで施術前の検査より痛みの程度軽減と動きの幅が正常な範囲まで動きまで改善。

 

しかし、動いた時にまだ腰の奥の方に鈍痛があるとのこと。

腰から下半身にかけて検査をしていくと左ひざのゆがみがあり。

前回の検査でもひざのゆがみに問題があったため、腰の痛みと関連があるか検査をすると腰の痛み・動きの改善が見られるので腰と左ひざの関連性あり。

  • 左ヒザのゆがみの調整

施術後

検査時に痛んでいた、腰の回旋・左股関節の痛みがほぼ無くなる。

椅子から立ち上がる時の腰の痛みの軽減。

施術、3回目  2回目の施術から1週間後

カウンセリング

2回目の施術以降は、腰の痛みはなくなり抱っこや家事を出来ているとのことでした。

ギックリ腰を発症した日の痛みと比べ、ほぼ痛みは軽減したので再発防止目的を込めて施術を受けたいとのこと。

検査

腰の回旋:左OK、右OK

股関節:左OK、右OK

骨盤;左OK、右OK

ひざ:左OK、右OK

検査時の動作痛なし

施術

1、2回目と同様に

  • 骨盤の調整でゆがみ改善
  • 筋肉の調整で血行改善
  • 慢性的なゆがみの調整
  • 腎臓の調整

整体後

腰の痛みは改善し検査をしても痛みほぼ無いとのこと。

まとめ

ギックリ腰になった方の特徴ですが、腰以外に問題がある場合が多いです。

疲労がたまることで体のゆがみが発生しそのゆがんだ部分を補正(守るため)するために何日~数か月も腰に負担が掛かり、その負担を腰が耐えられなくなった時の動作でギックリ腰に痛みを発生するパターンが一番多いです。

 

この方の場合ですと、今回のギックリ腰の原因は左ひざのゆがみだと思われます。

1、2回目の施術で骨盤のゆがみを整えて、血行を改善することで痛み物質を処理しやすい環境を作りました。

その時点で痛みが軽減したことから「疲労→ゆがみ→筋肉疲労→ギックリ腰」と考えられます。

カウンセリングをしていくと上のお子様が春休みで毎日お子様と遊んでいていつも以上に疲れていたと仰っていました。

 

ヒザを調整したら腰の動作痛が改善したことで、ギックリ腰の原因が腰でなくヒザにあったと思われます。

疲労が溜まったせいで左ひざに負担が掛かりその状況で生活をしていたため、体がゆがみ腰に負担が掛かる姿勢になることで腰の筋肉が傷つき今回はお子様を抱っこした時に腰の負担が耐えられなくなりギックリ腰になったと思われます。

 

このようにギックリ腰の原因は腰だけでなく全身にある場合が多いです。

 

追伸

あなたの辛いギックリ腰を改善するためには腰の負担を掛けているゆがみを整えることが大切です。

そして腰が痛いから腰を揉むだけではダメです。

全身検査をすることでギックリ腰の原因のゆがみを見つけてゆがみを整えることで、あなたのギックリ腰を改善していきます。

いろどり整体ではギックリ腰の早期改善・再発防止のための整体やセルフケアの指導を行っています。

ギックリ腰でお困りの方はお気軽にご連絡くださいませ。