雨の前に頭が痛くなる3つの理由

あなたは次のような頭痛でお悩みはありませんか?

  • 雨の前日になると頭痛になる
  • 雨の日になると頭痛になる
  • 気圧の変化で頭痛になる
  • 雨になると古傷が痛む

このように雨の日の前後で頭痛や不調がある方は気圧・天気の変化で体に負担が掛かり頭痛になっています。

今回は「雨の前の日に頭痛になる」3つの理由を説明していきます。

「雨の前の日に頭痛になる」3つの理由

気圧の変化

人の体の約60%は水分で出来ています。

子供は約70%

成人は約60%

老人は約50%

このように年齢とともに体内の水分量が変わってきますが半分以上は水分出来ています。言うなれば人間の体は水風船のように出来ています。

晴れの日は高気圧・雨の日は低気圧、このことはご存知だと思いますが、低気圧・高気圧が体にどのように負担を掛けるのか、わかりますでしょうか?

 

一年の半分以上は高気圧=晴れの日ですので人間の体が高気圧に合わせて生活しています。

雨の日=低気圧になりますと外からの圧力が減るため体は膨らみやすくなります。

イメージとしては「むくむ」と思ってください。

低気圧で体が膨らんでむくんできますと水風船が膨張するようにパツパツになり破けやすくなります。

そのパツパツの状態になることで頭の中の毛細血管が膨らむことで頭の中が窮屈になり頭痛が発生します。

 

そして毛細血管が膨らむと血管の収縮運動が低下し血行不良になり頭に酸素が供給され無くなり頭が苦しくなり頭痛が悪化します。(息を止めていると苦しくなるとの同じ状況です)

 

ちなみに雨の前になると古傷が痛むといったことを聞いたことがあるかもしれませんが、低気圧になると体が膨らむと説明しました。

「体が膨らむ=傷口が広がる=痛みが出る」といったような流れで低気圧のせいで傷口が広がることで痛みが発生します。

温度の変化

季節の変わり目になりますと前日の温度差・朝晩の温度差の変化が大きくなります。

温度差が大きくなると体温調整を絶えず体が行います。

そのせいで体は体温調整に神経を使われるせいで神経の疲労が溜まります。

そして、神経の疲労がたまることで自律神経が乱れて自然治癒力が低下して頭痛が発生しやすなることで季雨の前の日に頭痛の頻度が多くなります。

 

温かくなったり寒くなったりを繰り返していると血行不良になり頭に酸素と栄養が供されにくくなることでも頭痛は悪化します。

天気の変化

体内時計が乱れる

朝日を浴びることで一日のスタートとして体内時計がリセットされます。

しかし、曇りの日が多くなり日光を浴びれ無くなることでも体内時計が乱れて時差ボケのような状態になることから自律神経が乱れて頭痛が発生します。

曇った空を見ると憂鬱になる。

明るい空は心も明るくしますが、暗い空を見ているとなんだか心も暗くなりませんか?

そして、気持ちが下がり憂鬱な気分になるせいで不調が出やすくなります。

曇りの日、特有のうす暗い光の明るさが苦手。

明るい日差しは大丈夫だけど、曇りの日のうす暗い光の方がまぶしさを感じやすいとう方もいます。

そのまぶしさを見ることでストレスが増え自律神経の乱れから頭痛になります。

このように雨の前になると気圧や天気の変化から自律神経が乱れ・体が過剰に膨らみ血行不良になることで頭痛が発生しやすくなります。

普段の状態から気圧の変化が関係なくても血行不良でムクミがちの方が多いです。

ですから、雨の前日の頭痛に関しては痛み止めが効かないっといったお声もよく聞きます。

自律神経が乱れると

ホルモンバランスの乱れ

日中の疲労で疲れた体を回復させるためのホルモンが乱れて筋肉の修復が正常に行われ無くなることで頭痛が発生します。

古い筋肉でいることで筋肉の収縮性が低下し血行不良になることで頭に老廃物が停滞して頭痛が悪化します。

さらに、ホルモンバランスが乱れることで頭からの神経が正常に伝達されないことから倦怠感などの体の不調も悪化します。

ホルモンの働き

  • 体の修復・再生
  • 睡眠の質の正常化

睡眠の質の低下

ホルモンバランスの低下による悪影響は睡眠の質の低下になります。

睡眠は睡眠ホルモンが正常に働くことで質の良い睡眠が行われます。

寝ている間に体の回復を行います。

しかし、ホルモンバランスが乱れると睡眠の質が低下することで体の回復が正常に行われなくなり首~頭周辺に疲労物質が停滞することで頭痛が発生します。

更に睡眠のホルモンバランスの乱れは「寝つきの悪さ」「何度も起きる」ことにつながります。

そのせいで寝れないといったストレスが溜まり、自律神経の悪化といった悪循環になることでも頭痛が悪化します。

雨の前の「頭痛」予防

普段から血行に良い体・ゆがみの無い体・疲れをためない・自律神経が整った体でいることが理想です。

上記のようなお体でいますと普段から体が膨らんでいませんので雨の前の気圧が変化しても過剰に体が膨らなくなるため頭痛になりにくくなります。

自律神経を整えるために

  • リラックス
  • 適度な運動
  • いつもより多めに睡眠
  • お風呂で入浴
  • 栄誉のバランスを心掛ける
  • 水分補給
  • ストレス発散
  • 深呼吸
  • 骨盤のゆがみを整える

普段からこのようなことを心掛けることが大切です。

最後に

このように雨の前の日になると頭痛が発生しやすといった方が「いろどり整体」にこられております。

雨の前の日に頭痛が発生しやすい方は、お気軽にいろどり整体・藤枝にご相談下さい。

骨盤のゆがみを整えて血行改善と自律神経を整えてあなたの頭痛を改善させます。