群発性頭痛の特徴

群発性頭痛の特徴

群発頭痛はある時期に集中して痛みが起こり男性に多くみられます。

目の奥がえぐられるような痛みが特徴でアルコール(お酒)がトリガー(きっかけ)になる場合が多くなると言われています。

よくある群発性頭痛では春先や秋口など季節の変わり目にはじまり痛みが発生して、毎日のように頭痛を起こすようになります。痛みは1~2ヵ月くらい続くパターンが多いです。

その後、痛みが緩和すると痛みを感じない時期を半年から2~3年ほど時間がたった後に再び同じような頭痛に見舞われるのが特徴です。頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼び、群発期以外の期間は頭痛をほぼ感じ無くなるのも特徴です。

片頭痛は女性に多くみられますが、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍にのぼるともいわれます。しかしその理由ははっきりしていません。

痛みの特徴

群発頭痛は、しばしば「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、耐えられないほどの痛みが出るといわれております。

あまりの痛みに安静していることができず、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない人や、ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もおるようです。

動くことで痛みが和らぐ場合もあります。

群発性頭痛のまとめ

痛み方

目の奥が痛くなる。 辛い痛みが何日も続く。 動くことで痛みが和らぐ場合があり

原因

飲酒、喫煙、ストレスが要因になる場合があると言われ