◎緊張型頭痛の特徴

緊張型頭痛の特徴

頭全体が締め付けられように痛みが起きます。

子どもから高齢者までどの年齢層でもみられ性別による罹患率の偏りがないのが特徴のため誰でも緊張性頭痛になると言われています。

ときどき頭痛がするタイプ(反復性緊張型頭痛)と、毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性緊張型頭痛)があります。

緊張性頭痛の主な原因は血行不良です。

血行不良から頭痛が起きるため肩こりや首コリと一緒に併発や肩コリがひどくなると緊張性頭痛が発生する方も多いです。

痛みの特徴

頭全体が締めつけられるように痛みが数十分から数日続きます。

肩こりと一緒に発生する場合が多いです。

パソコン作業や細かな作業による眼精疲労や血行不良になることでも作業後に頭痛が発生します。

血行を促すことで頭痛の軽減する場合があります。

緊張型頭痛のまとめ

男性・女性、子供・大人、と言った性別や年齢関係なく誰もが発症する可能性があります。

痛み方:頭全体が締めつけられるように痛む。

血行不良から緊張性頭痛になりやすいと言われています。眼精疲労や肩こりなどの併発が多いです。

血行を促すことで頭痛の軽減が期待出来ます。