腰痛とコルセット

腰痛とコルセット

「コルセットはした方がいいですか?」

こちらの質問はいろどり整体に来られている腰痛の方によく聞かれる質問です。

今回は「コルセット=骨盤ベルト」と同意義で説明いたします。

 

そもそもコルセットを使用する意味をご存知でしょうか?

当院が考える腰痛とコルセットについて説明していきます。

コルセットの目的

腰を固定させ腰の動きを制限させる役割

腰が痛むときは、

固くなった筋肉を無理に動かす時に出る腰の痛み。

腰が正常以上に動きが付きすぎて筋肉が傷つき痛んで出る腰の痛み。

があります。

このような痛みのある時は、動かないの事で腰への負担を減らします。

無理に動かずにいることで筋肉に負担が掛から無くなり自然治癒力が働き腰痛を改善させてくれます。

姿勢を正し動作時に腰への負担を保護する役割

腰がゆがみ筋肉が傷ついた状態でいますと不良姿勢になります。

特に体を支える腹筋や背筋の筋力が低下することで猫背になり腰に負担が掛かり腰痛になります。

コルセットでお腹を圧迫させると腹圧が上がり腹筋や背筋を手助けして姿勢が改善されることにより猫背のせいで負担にをかけていた腰への負担が軽減されます。

腰痛になる原因

日々の疲労が溜まりますと体がゆがんで猫背になります。

そして猫背になるせいで上半身は前に倒れていくのを支えるために腰に負担が掛かります。

姿勢で腰に負担+仕事・家事・育児で腰に負担を掛ける続けると腰の筋肉が固くなり腰痛となります。

その時にコルセットを付けることで姿勢が矯正されることで腰への負担が減り腰痛が緩和されます。

 

その為ギックリ腰の予防でコルセットを着用される方も多くおります。

ただし、コルセットの常用は体の締め付けから血行不良になる場合がございますので締め付けの強度には気を付けてお使いくださいませ。

(血行がいい状態ですと腰に停滞した老廃物や痛み物質を処理して腰痛を改善してくれます)

コルセットを付けるタイミング

・腰が痛い時

・ギックリ腰になったとき、なりそうなとき。

・仕事柄、重たい物を持ったりするとき。

・過去に毎回腰痛やギックリ腰の動作になる作業をする時。

 

痛く無い時に常用的にコルセットを着用することはあまりお勧めしません。

コルセットだけでなくガードルなどの体を締め付ける衣類は血行不良になる可能性がございます。

血行不良になることで腰に老廃物が停滞し腰痛になりやすくなる場合もございます。

(ただしガードルなどは日常的につけるのではなく限定的に着用することをお勧めします)

コルセットの正しい付け方

各会社ごとコルセットで保護する目的が違うと思いますのでまずは説明書をご覧ください。

 

いろどり整体でお勧めする場所は仙腸関節を固定する着用場所です。

おへそから約10センチ下の背中側を目安にコルセットの中心を着用することで仙腸関節が固定されやすくなります。

コルセットの締め付けの強弱の目安

・体を使って痛みが出やすい時はきつめに装着。(痛みの軽減目的)

・痛みが出にくい時は緩めに装着。(血行改善目的)

コルセットが無い場合は?

腰が急に痛くなった時にコルセットが無い時は、普段のズボンで使っている普通のベルトでも代用できます。

コルセットの目的は腹圧を上げて腹筋・背筋を保護することで姿勢を改善することです。

 

普段のベルトをいつもよりきつく締めるだけでコルセットの代用が出来ます。

重たい物を持つ時だけベルトをきつく締めることでギックリ腰・腰痛予防にもなります。

ただし普通のベルトのため収縮性が無くコルセットより細いため常用しますとお腹に圧迫が鋭くかかるので長時間の着用はお控えください。(緊急用の代用品程度とお考え下さい)

重い物を持つ動作などしない場合は普段のベルトの締め付けにお戻しください。

 

コルセットに頼るのもいいですが、出来ればゆがみが整った良い姿勢になることで

腰痛になりにくいお体を目指しましょう。