夕方になると「腰が痛む」3つの理由

夕方にかけて腰が痛む!!

  • 夕方にかけて腰が痛む!仕事に集中できない。
  • 夕方に腰が痛むせいで夕食の準備が辛い!!
  • 朝はまだ気になら無いのに夕方になると重りが付いたような腰の重さ

このように夕方にかけて腰が痛んで悩んでいる方が多くいます。

今日は夕方になると腰が痛む理由を説明していきます。

夕方にかけて腰が痛む3つの理由

日中の疲労の蓄積

腰痛は日常生活の家事・仕事・育児から慢性的な筋肉の疲れが影響しております。

特に体は疲労がたまると不良姿勢になり体はゆがみます。

その不良姿勢で家事や仕事をしていると、通常以上に腰の筋肉に負担が集中するために疲労が溜まり腰痛が発生します。

この疲労が寝ている間に回復できている間はいいのですが「疲労<回復」になることで腰に疲労物質が停滞し夕方から腰が痛い状態になります。

睡眠の質の低下

睡眠時に体は回復して日中の疲労を回復させます。

 

しかし睡眠の質が低下すると

回復力低下、細胞の再生力の低下が起きることで寝起きからに腰に負担のある状態で朝を迎えます。

そのせいで負担のある状態で昼間の仕事・家事・育児を行うことでさらに腰に負担が増え夕方にかけて腰に負担が掛かり腰痛が発生します。

 

その他には寝具が合わない体は無意識に緊張した状態で寝ているため、寝返りの回数が減り同じ姿勢で朝まで寝ることでも腰に負担を掛けます。

食べ過ぎ

 食べ過ぎると消化にエネルギーを使います。

特に内臓の胃や腸が消化を行いますが、消化のために全身の血液が胃や腸に集まることで消化を行います。

食後に眠くなる経験はあると思いますが、食事の消化のために胃や腸に全身の血液が行くために脳内の血液量が下がり機能が低下することで眠気が出ると言われてるのです。

そのせいで筋肉に血液が流れにくくなり腰の筋肉の修復が後回しになることで腰痛がさらに悪化します。

食べ過ぎは血行不良を起こしますのでしっかりと噛み、腹八分目で食事をすることが冷え性対策にお勧めです。

3つの理由から夕方にかけて腰痛が悪化します

夕方にかけて腰が痛む方の傾向としましては日中の生活だけでなく、食事や睡眠の質の低下から回復力が低下している場合もあります。

日ごろから規則正しい生活を心掛けてください。

 

ここまで説明したように、疲労の蓄積・睡眠の質の低下・食べ過ぎが増えると体に負担ががることで骨盤がゆがんできます。

そして骨盤がゆがんだせいで更に夕方にかけての「腰の痛み」が悪化します。

骨盤の3つの働き

働きその1

血液を全身に送り出すポンプ作用の働き

骨盤は血液を全身の送り出すポンプ作用の働きがあります。

骨盤が動くことで内臓や筋肉も一緒に動いて血液を全身に送り出します。

整った骨盤は全身に血液が流れていますので、不調の改善や代謝や冷え性の対策にもなりますよ。

体のバランスや姿勢を整える働き

骨盤は上半身と下半身をつなげるバランスを整える働きがあります。

骨盤を軸にして上半身と下半身が動いたり姿勢を取ったりしますよ。

整った骨盤=骨盤が立った状態だと自然といい姿勢が保てます。

代謝を正常に保つ働き

骨盤の中には腸などの消化器や生殖器が入っており骨盤が内臓を守っています。

消化や排便などを正常に行う作用がありますよ。

老廃物が排泄されることで体の代謝が改善されていきます。

 

女性の場合は子宮が骨盤内にありますので生理や妊娠、出産にも影響が出てきたりもしますよ。

整った骨盤は消化の正常化、老廃物の排泄、婦人科系のお悩みの予防などにつながりますね。

骨盤がゆがむと次のようになります

血行不良になります

骨盤には血液を全身に送り出すポンプ作用の働きがあります。

骨盤がゆがむと、このポンプ作用が低下し血行不良になり老廃物が溜まることで筋肉が固くなり不調が起きていました。

不調を改善するために血液が酸素と栄養を運ぶのですが、血行不良になりますと酸素と栄養が運ばれないため筋肉の修復が行われなくなり不調が改善しにくくなります。

姿勢が悪くなります

骨盤は上半身と下半身をつなげるバランスを整える働きがあります。

その骨盤がゆがむと体のバランスが悪くなります。

ゆがんだせいで姿勢が悪くなり「O脚、X脚、猫背、そり腰、巻き肩」などの不良姿勢になりますよ。

骨盤が整った状態の時は全身の筋肉をバランスよく使うことが出来て負担を分散させています。

しかし姿勢が悪いままの状態で生活をしていますと一部の筋肉に過度の負担が掛かりその部位に痛みや不調が発生します。

 

そして姿勢が悪くなると呼吸が浅くなり酸素の摂取量が減り体内の酸素不足を起こしますよ。

細胞が酸欠状態でいるため更に不調が改善しにくくなります。

代謝が低下します

骨盤の中には腸などの消化器や生殖器が入っており骨盤が内臓を守っています。

骨盤がゆがむこと骨盤の中にある内臓も一緒にゆがみ、内臓の疲労や活動の低下を引き起こします。

内臓の疲労が溜まると腸の動きが悪くなり便秘(隠れ便秘)になりますよ。

便秘になると体内に老廃物が溜まり血液が汚れたドロドロの状態になりやすくなります。

老廃物の停滞から血液が汚れて血行不良になるせいで細胞に栄養が届きにくくなり新陳代謝が低下して不調が発生します。

 

お腹が痛い時に背中を丸めてお腹の痛みを和らげるように、内臓の疲労が溜まると人間は無意識にお腹を守ろうと姿勢が悪くなります。

その時の姿勢が悪くなったままの状態で日常生活を続けることで筋肉に負担が掛かり不調が発生します。

骨盤がゆがむと

骨盤がゆがむと血行不良・姿勢不良・代謝低下」になることで筋肉に老廃物が停滞し体の修復力が低下するため不調が発生します。

夕方に腰が痛くならないために

疲労をためない

適度な休息、水分補給、深呼吸、リラックスなどで疲労を回復させましょう。

しっかりと質の良い睡眠をとる

寝不足になら無いようしっかり睡眠をとる。

体を冷やさない。

体に合った寝具で睡眠をとる。

 

食べ過ぎを防ぐ

腹八分目でしっかり噛んで、ゆっくり食事をとりましょう。

いろどり整体にできること

整体で骨盤のゆがみを整えることで血行が改善され腰に停滞した老廃物が処理されて腰の負担が軽減することで夕方の腰の痛みが改善していきます。

ゆがみの無い体=柔らかい体は、寝返りを打ちやすい体になっていますので疲れて寝返りが打てなかった体がしっかりと寝返りを打てるようになり腰の負担が軽減していきます。

最後に

このように夕方になると腰が痛むといった方がいろどり整体にたくさん来られております。

同じように腰痛でお悩みの方が改善されています。

あなた同じように「夕方にかけて腰が痛むといった」お悩みでしたら一度いろどり整体・藤枝にご相談くださいませ。

きっとあなたの腰痛は改善します。