腰痛と入浴

仕事に人間関係に何かとストレスを感じる現在社会。

そこであんまり気にしすぎたりしてストレスを多くため込むと、自律神経が乱れ血行不良になりがちになります。

そしてストレスが原因で自律神経の乱れて血行不良になることで腰痛を引き起こしている人も多くいます。

この自律神経を整えるのにお手軽な方法が入浴です。

今回は入浴と腰痛改善について説明していきます。

腰痛とは

腰痛を簡単の説明しますと

日々の疲労で体がゆがみ血行不良になることで溜まった老廃物が腰に停滞し筋肉が固くなった状態のことです。

その為、腰痛改善にために血行促進が必要な要素になってきます。

以下のように腰痛が発生します。

なぜお体の不調が発生するのか?

1.日々の家事・仕事・生活やストレスで「疲労」が溜まります。

2.疲労が溜まると体が「ゆがんでいきます」(猫背などの悪姿勢に)

3.体がゆがむと「血行不良」になりますよ。(老廃物の停滞)

4.血行不良になったことで老廃物が停滞し筋肉が固くなり症状が発生!

入浴の効果

  • 自律神経を整えて自然治癒力の正常化
  • 血行の改善

入浴にはこのような効果があります。

この自律神経が整うことで自然治癒力が働き腰痛が改善して再発防止の効果が表れます。

自然治癒力の3つの働き

自然治癒力は大きく分けて3つの働きがあります。

ホルモンバランスを整える・睡眠の質を整える・血行の調整

こちらの説明をしていきます。

ホルモンバランスを整える

日々の家事・仕事で負担のかかった腰の筋肉を修復するためにホルモンが必要です。

しかしストレスのせいでホルモンバランスが乱れると筋肉の修復に必要なホルモンが筋肉まで供給されません。

そのせいで筋肉の代謝や修復が出来なくなるため腰痛が発生します。

ホルモンは血液と一緒に流れて必要な場所に送られますが血行不良の状態ですとホルモンが届かなくなります。

腰痛改善に必要なホルモンは睡眠・筋肉修復のホルモンです。

睡眠の質を整える

睡眠は自律神経の体内時計と睡眠ホルモンが大きく関わってきます。

ストレスで睡眠ホルモンが乱れると布団入っても寝つきが悪かったり・夜中に何度も起きてしまいます。

そのせいで睡眠の質が低下し腰の筋肉の修復が出来なくなり不調が発生し、そしてホルモンバランスの乱れから寝られなくなると体内時計が乱れていきます。

海外旅行で時差ボケになると聞いたことがあると思いますが体内時計の乱れは時差ボケと同じようなものです。

そのせいで更に睡眠障害になり腰痛が悪化します。

血行の調整

血行の調整を行います。

血行不良になると腰の筋肉に老廃物が停滞し筋肉が固くなり腰痛が発生します。

血行不良になるとホルモンが供給されないために筋肉の修復が出来なくなり・睡眠が質が低下してさらに腰痛が悪化します。

更に血行不良になりますと体が冷えるせいで代謝が低下して腰痛が慢性的に改善しにくい状態になります。

このようにストレスで自律神経が乱れるとで、ホルモンバランスが乱れ・睡眠の質が低下し・血行不良になることで腰に老廃物が停滞し腰痛が発生し代謝が低下することで腰痛が発生していきます。

入浴をすることで

入浴の効果である

  • 自律神経を整えて自然治癒力の改善
  • 血行の改善

上記の働きが改善されていきます。

そして自律神経が整い自然治癒力が改善することで腰に停滞した老廃物が処理されることで腰痛が改善し、腰に筋肉が正常に代謝を起こすことで腰痛が予防されていきます。

最後に

忙しくてお風呂にしっかり入浴出来ていないせいで慢性的な腰痛を引き起こしている場合もございます。

腰痛でお悩みの方はいろどり整体にお気軽にご相談下さいませ。

あなたの腰痛はきっと改善します。