足の問題が原因の【腰痛】

  • 慢性的に腰痛に悩んでいる
  • 立ち仕事や家事など立った姿勢が多いと腰ががこる
  • ギックリ腰が癖になっている

あなたはこのような腰痛でお困りはありませんか?

 

もしこのような腰痛の場合は「足の問題」で腰痛が発生しているかもしれません。

今回のブログでは「足の問題からくる腰痛」について簡単にまとめてみました。

足の問題で腰痛になりやすい方の特徴

  • 運動不足・普段からあまり歩かない
  • ネンザ・肉離れ・骨折・切り傷など過去に足にケガをしたことがある。
  • 冷え症の方
  • 足にムクミがある方
  • 座り仕事の方

上記のような生活で慢性的に腰痛がある方は【足の問題で腰痛】になりやすくなります。

なぜ足の問題で腰痛になるのでしょうか?

腰痛とは「お尻・腰・背中・足の筋肉」を使ったことで筋肉に老廃物が溜まって、筋肉が固くなっている状態です。

 

本来はこの筋肉に溜まった老廃物は血液やリンパ液などの体液が処理することで固くなった筋肉を正常の状態に戻してくれています。

 

心臓から出た血液は全身(頭から足の先)に流れて心臓に戻ります。

足は心臓から一番遠く、さらに重力の関係で体液が足にたまりやすいため、血行不良から老廃物の停滞が起きやすい場所になります。

足がムクミやすいのはこのためです。

 

心臓の他にも血液を循環させる働きは【足=ふくらはぎ】にもあります。

ふくらはぎを使う・動かすことで筋肉のポンプ作用が働きふくらはぎから心臓へ血行を促進させます。(ふくらはぎは第二の心臓と言われるのはこのためです)

足に問題があると

現代社会では座ったままの仕事が多かったり・車社会で歩く距離も減り・運動不足からふくらはぎを使うことが少なくなります。

そのせいでふくらはぎの筋肉が衰えているせいで、血液のポンプ作用が低下しています。

 

血行不良になることで腰の溜まった老廃物や疲労物質が停滞することから筋肉が固くなり腰痛になります。

 

特にネンザ・肉離れ・骨折・切り傷など過去に足のケガをしたことがある方は、ケガの損傷部位に変異などが起きているせいで更に血液のポンプ作用が低下して血行不良になり腰痛になりやすくなります。

 

腰や足を使うことで疲労物質が腰に停滞し腰痛が発生します。

そして、運動不足や足のケガの影響で足のポンプ作用低下で血行不良になることで腰痛が慢性化して常に腰が凝った状態になります。

【足の問題が原因の腰痛】の対策

【足の問題が原因の腰痛】の方は足の筋肉のポンプ力の低下による血行不良が大きく影響しています。

足の筋肉のポンプ力を向上させることで血行が促進され腰痛が改善へと向かいます。

【足の問題が原因の腰痛】の対策方法

  • 足を動かす 貧乏ゆすり
  • つま先立ちをする
  • 歩く・階段を使う
  • ふくらはぎ・足裏を自分でマッサージする

上記のような動作をすることで「座ったままの仕事が多くなったり・車社会で歩く距離も減り・運動不足」などで低下した足のポンプ作用を正常に戻す働きがあります。

 

足を動かさないと筋肉を衰えていきます。

意識して足を動かすことで筋肉の衰えを抑制して血行の良い体でいることが【腰痛改善】へと近づきますよ。

最後に

いかかでしたでしょうか?

【足の問題が原因の腰痛】を今回のブログで紹介しました。

 

足の問題が原因の腰痛の場合は足を動かしてふくらはぎのポンプ作用を正常にすることで血行を促進することが大切です。

 

もし、あなたが【腰痛】で困っているのならいろどり整体・藤枝にお気軽にご相談下さいませ。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ13,400名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。