季節の変わり目に腰が痛くなる2つの理由

腰痛

あなたはこのような体の不調はございませんか?

  • 季節の変わり目で腰痛になりやすい
  • 季節の変わり前は毎回、体調不良になる

それって季節の変わり目に家事・育児・仕事で疲労がたまることにより自律神経が乱れて腰痛が発生しやすくなっているかもしれません。

今回は季節の変わり目で腰痛になる2つの理由を説明していきます。

季節の変わり目に腰が痛くなる2つの理由

理由

温度の変化が大きい 

季節の変わり目になりますと前日の温度差・朝晩の温度差の変化が大きくなります。

温度差が多きくなると体温調整を絶えず体が行います。

そのせいで体は体温調整に神経を使われるせいで神経の疲労が溜まります。

そして、神経の疲労がたまることで自律神経が乱れて自然治癒力が低下して腰痛が発生しやすなることで季節の変わり目に腰痛の頻度が多くなります。

 

天気や気圧の変化も多くなることでも日光を浴びれなったり・気圧のせいで体がむくみやすくなることでも体に負担が書かかります。

(人間の体は70-80%は水分で出来ていますので水風船をイメージしてください)

 

温かくなったり寒くなったりを繰り返していると血行不良になり腰に酸素と栄養が供されにくくなることでも腰痛は悪化します。

 

理由

職場や学校などで異動や新しい仕事が増える、環境が変わる

季節の変わり目になると職場や学校などで異動や新しい仕事が増える、環境が変わります。

環境が変わるせいで今までと勝手が違ったり・人間関係が変わることで環境に適用を頑張るために神経が削られストレスが溜まります。

ストレスが溜まること自律神経が乱れてくることによって腰痛が発生します。

上記のことから季節の変わり目は特に自律神経が乱れ・回復力が低下することで骨盤がゆがみ血行不良になることで腰痛が発生しやすくなります。

 

自律神経=自然治癒力です。

自律神経が乱れ=自然治癒力の低下と思ってください。

自律神経が乱れると

ホルモンバランスの低下

日中の疲労で疲れた体を回復させるためのホルモンが乱れて筋肉の修復が正常に行われ無くなることで腰痛が発生します。

古い筋肉でいることで筋肉の収縮性が低下し血行不良になることで腰に老廃物が停滞して腰痛が悪化します。

さらに、ホルモンバランスが乱れることで頭からの神経が正常に伝達されないことから倦怠感などの体の不調も悪化します。

ホルモンの大きな働き

  • 体の修復・再生
  • 睡眠の質の正常化

睡眠の質の低下

ホルモンバランスの低下による悪影響は睡眠の質の低下になります。

睡眠は睡眠ホルモンが正常に働くことで質の良い睡眠が行われます。

寝ている間に体の回復を行います。

しかし、ホルモンバランスが乱れると睡眠の質が低下することで体の回復が正常に行われなくなり腰~足周辺に疲労物質が停滞することで腰痛が発生します。

 

更に睡眠のホルモンバランスの乱れは「寝つきの悪さ」「何度も起きる」ことにつながります。

そのせいで寝れないといったストレスが溜まり、自律神経の悪化といった悪循環になることでも腰痛が悪化します。

肌荒れ

ホルモンバランスが乱れから肌の代謝が低下することで角質が残り肌の質が悪化して肌荒れを引き起こします。

血行不良になることでもお肌に栄養が届かないため質の悪いお肌になります。

 

疲労から骨盤がゆがむことでも老廃物が停滞し体内に毒素がたまることで肌荒れが悪化します。

アレルギーが出やすい

季節も変わり目は花粉(杉以外)がブタクサ・ヒノキ・稲などが舞うのでアレルギーになりやすいです。

さらに毛の変わり時期でペットの毛でのアレルギーになる方も多くおられます。

アレルギー反応は疲労が蓄積した時に過剰に発症しやすくなります。

自律神経が乱れて回復力が低下した時はアレルギーにご注意ください。

自律神経を整うと

血行が促進されてホルモンバラスが整うことで

  • 回復力の正常化
  • 睡眠の質の正常化
  • 血行促進
  • 不調の改善
  • 骨盤のゆがみが整う=美姿勢
  • 肌荒れの改善
  • お通じ改善・排泄器の向上
  • ストレス耐性の向上

このような改善が見られます。

自律神経を整るために

リラックス

適度な運動

いつもより多めに睡眠

お風呂で入浴

栄誉のバランスを心掛ける

水分補給

ストレス発散

最後に

このように季節の変わり目で腰痛が発生しやすといった方が「いろどり整体」にこられております。

季節の変わり目に腰痛が発生しやすい方は、お気軽にいろどり整体・藤枝にご相談下さい。

あなたの腰痛を改善させます。