変形性膝関節症のよる「ひざの痛み」

変形性膝関節症とは

女性の方が男性より変形性膝関節症になりやすく高齢になるにつれて罹患率は増えていきます。肥満体系の人の方が多い傾向にあると言われています。

ヒザを使うたびにヒザの骨と骨の間の軟骨がすり減り、間が狭くなってしまうことによって骨が擦れるせいで炎症が発生し痛みが出ます。

変形性膝関節症の原因

加齢・結節などの原因不明による変形性膝関節症

骨折・脱臼・靭帯損傷・半月板損傷などの外傷による変形性膝関節症

痛風・悪性リンパ腫・リウマチ・などの病気による変形性膝関節症

大きく分けて原因不明・外傷・病気と3つの原因に分けられます。

変形性膝関節症の症状

初期の症状

立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛みが出ますが、休めば痛みがとれます。

中期の症状

正座が痛みで出来ない、階段の上り下りが痛みから困難となる。

後期

安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びない・しっかり曲がらないなど歩行が困難になります。

 

最初は痛む期間は短いのですが悪化するとともに痛む期間が長くなり、膝の曲げ伸ばし・階段の昇降・歩行・正座など痛みで日常生活にも支障が出てきます。

痛み以外にもひざの変形によるO・X脚にもなります。

最後に

ヒザの痛みが続く、水が溜まる、正座が出来ない、歩行が辛い、階段で一歩づつしか歩けないなどの症状がある場合は変形性膝関節症の可能性がございますので一度病院での検査をお勧めします。