足の痛みと偽痛風

足の痛み

偽痛風とは

偽痛風はピロリン酸カルシウムが体の中にたまることで結晶になり、激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

この結晶が軟骨に沈着するために、軟骨石灰化症(なんこつせっかいかしょう)とも呼ばれております。

症状としては似ていますが尿酸が結晶となり関節の痛みを引き起こす「痛風」とは違う病気です。

偽痛風の原因

ピロリン酸カルシウムの結晶が関節の組織に付着し関節内に炎症が起こると痛みが発生します。

原因は不明と言われていますが、体質の影響や、食事などの生活習慣も影響しています。

痛風は男性の罹患率が多いのに対して偽痛風は男女差の罹患率の方よりは少なく特に60歳以降に見られます。

60歳以降に多く見られることもあるので関節が加齢とともにすり減るせいで炎症を起こしやすくなる可能性も考えられます。

若年層に発症する遺伝的なものや甲状腺機能亢進症の影響でも偽痛風を発生させやすくなります。

偽痛風の症状

一番多いのが「ひざ関節」の炎症による、痛み・赤み・熱感・腫れなどが現れます。

しかし膝だけではなく手や肘その他の関節にも症状が発生する場合もございますので関節に痛みのある場合は注意くださいませ。

 

痛みがある場合は病院での検査を受けてください。

結晶を取り除く治療法は今のところありませんので安静と炎症を抑えて痛みを和らげる抗炎症薬が治療法となります。

偽痛風の予防

病院での薬物治療も大事ですが、薬だけでなく生活習慣の改善も偽痛風予防には重要です。

肥満の解消、アルコール飲料の制限、動物性脂肪の摂取制限、野菜をとる、十分な水分の摂取、運動、汗をかく、入浴、ストレスの解消などが推奨されています。

下記の食べ物は痛風予防の食材になりますが偽痛風でも予防になります。

偽痛風予防の食べ物

海藻・果物・野菜・芋類・キノコなど

偽痛風を引き起こしやすい食べ物

甘い物・動物性脂肪・お菓子・ジャンクフード・高カロリーの食べ物など

 

このように普段の食生活でピロリン酸カルシウムが溜まりにくくすることが出来ますので偽痛風でお悩みの方は食生活を見直すことも大切です。

最後に

ひざの関節の痛みが偽痛風から起きている場合もございます。

レントゲンなどの検査だけでは見つからないひざの痛みの原因もございますのでご注意くださいませ。