自律神経の乱れと病気

自律神経の乱れからメニエール病・血圧・不整脈・過呼吸・頭痛・逆流性食道炎・過食症、拒食症・脳の病気など」の病気が関わっていることもあります。

生命に関わることもありますので、ひどい痛みや症状・過去に比べて体調不良が悪化した場合は医療機関で精密検査を受けることをおススメします。

このような時は病院での検査をお勧めします。

・体のだるさが抜けない、すぐ疲れる。

・痛みが強くなる、体が不調になっている期間が長くなる。

・薬が効かない。

・日常生活が辛くなり寝込んでしまう。

・頭痛、耳鳴り、吐き気、嘔吐、食欲不振、寒気、火照りなどを頻繁に感じる。

このような場合は脳や血管の疾患が関わっている場合がございますので病院での検査をお勧めします。

病院の検査で異常がないのに「自律神経失調症」でお悩み方へ

一方、病院の検査で脳や内臓、骨・関節に異常がないと言われたのに自律神経失調症が改善しない場合は、

「日々の疲労→骨盤のゆがみ→首・頭のゆがみ→自律神経の乱れ→血行不良→頭への酸素不足→自律神経失調症の発生」

あなたはこのような流れで骨盤のゆがみから血行不良から酸素不足になり、脳に酸素と栄養が届きにくくなるせいで律神経失調症になっている可能性が高いです

自律神経失調症で負担のある体を強い力の整体やマッサージでグイグイ、ボキボキすることで体に負担が掛かり自律神経失調症が悪化する場合もございますのでご注意ください。

あなたの辛い自律神経失調症による体の不調は「ゆがみを整える」ことが自律神経失調症の改善への近道です。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ13,400名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事