なぜ骨盤がゆがむと不調になるのか?

そのお悩み骨盤のゆがみが原因です

骨盤がゆがむと

骨盤がゆがむことで全身の血行が悪化し、このような「お体の不調」が発生します。

なぜお体の不調が発生するのか?

1.日々の家事・仕事・生活やストレスで「疲労」が溜まります。

2.疲労が溜まると体が「ゆがんでいきます」(猫背などの悪姿勢に)

3.体がゆがむと「血行不良」になりますよ。(老廃物の停滞)

4.血行不良になったことで老廃物が停滞し筋肉が固くなり症状が発生!

なぜ骨盤がゆがむのか?

不調を引き起こす「7つの生活習慣」とは

仕事・家事・育児による筋肉の疲れ

ゆがみは日常生活の家事・仕事・育児から慢性的な筋肉の疲れが影響しております。

特に体は疲労がたまると不良姿勢になり体はゆがみます。

その不良姿勢で家事や仕事をしていると、通常以上に負担が一部の筋肉に集中するために疲労が溜まり不調が発生します。

暴飲暴食による内臓疲労

人間の体は食べた物で出来ています。

バランスの悪い食事でいますと血液の質が悪くなり、いわゆるドロドロ血になります。

血液の質が悪いと細胞の質も下がり代謝が低下し筋肉に老廃物が停滞し筋肉が固くなることから不調が発生。

 

暴飲暴食をすると内臓疲労になります。

  • 食べ過ぎ飲み過ぎにより消化不良。
  • 消化不良による内臓下垂。

内臓疲労がたまると上記のように内臓機能の低下や内臓下垂が起きます。

消化不良のせいで老廃物が停滞し血行不良になり筋肉の代謝が低下します。

そのせいで筋肉が固くなり不調が発生します。

 

消化不良になると内臓が下垂(下がる)になります。

姿勢を支える筋肉の腹筋と背筋は内臓と連動しています。

内臓疲労のせいで姿勢筋の腹筋や背筋が衰えてきますので、姿勢が悪くなり猫背から筋肉に負担が掛かり不調を引き起こします。

不良姿勢

猫背でバランスの悪い体は体の中心に上半身が無く前傾になるためそれを支えるために筋肉に負担を掛けて血行不良になり不調を引き起こします。

 

そして、同じ姿勢でいると血行不良になり、老廃物が停滞しゆがみを引き起こします。

いい姿勢でいますと体のバランスはよく筋肉の負担を全身に分散させてくれます。

しかし、不良姿勢でいますと筋肉に負担が集中してゆがみます。

 

さらに不良姿勢でいますと呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると酸素がしっかり吸えなくなり体は酸欠状態になります。

そのせいで細胞に酸素が届かなくなり代謝が低下し細胞に老廃物が停滞し不調になります。

ストレス

自律神経やホルモンが正常な状態の時は自然治癒力が働き、疲れた体の修復が行われます。

 

しかし、過度にストレスがたまると自律神経の乱れやホルモンバランスを崩します。

ストレスで自律神経やホルモンバランスが乱れますと自然治癒力が働きにくくなります。

そのせいで、代謝不良や不眠などを引き起こし筋肉の修復が正常に行われないため不調になります。

運動不足

筋肉を動かすことで血液のポンプ作用が働き全身に血液が流れ細胞に栄養や酸素を運び老廃物を処理して代謝を促します。

 

運動不足になりますと全身の血液の流れが悪化します。

そのせいで筋肉に溜まった老廃物を処理できないことで筋肉が固くなり不調が発生します。

睡眠不足

寝ている間に昼間の家事・育児・仕事などで溜まった疲労を回復させます。

本来は朝起きた時にゆがみの無く、疲労が回復している体が正常な状態です。

しかし睡眠不足で疲労の回復が間に合わないと次の日も疲労がある(ゆがみのある)状態からスタートします。

その状態で一日生活することで更に体はゆがみ血行不良から疲労が溜まります。

 

睡眠不足で疲労が溜まれば体がゆがみ→不良姿勢→血行不良→疲労の蓄積→睡眠不足→疲労の蓄積…と悪循環になり。

あなたの辛い不調やお悩みは改善され無いままになります。

体の冷え

体温が1度下がると免疫力が30%下がると言われています。

「体の冷え=血行不良の状態」になり代謝低下から老廃物が筋肉に停滞し不調を発生させます。