【30代・女性】食事で痛むあごの悩み

【主訴】顎関節症

  • 左あご~耳にかけての痛み
  • 食事、口の開放時の痛み
  • あごを食い絞め時の痛み
  • あごを動かすとカクカク音が鳴る
  • あごの不調が悪化すると肩こりも併発し悪化

病院での治療、処置

1年前にマウスピースの処方、通院。

マウスピースを着用しても改善されないためここ半年はマウスピースの着用なし、病院での検査なし。

1回目

検査術前・左顎、左首、左側頭骨、上部頸椎全体の硬さ、骨盤・背骨のゆがみ

施術・骨盤、頸部の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)

検査術後・頸部の硬さの改善、左顎の硬さは残るが施術前検査より動きがつく

 

術後の改善点・術後に食い絞め時の痛みの軽減

2回目

今回までの改善点・痛みの程度は前回よりは改善傾向

主訴・食事の痛み、口の開放時の痛み

 

検査術前・左顎、左首~首の筋肉の張り

施術・骨盤の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)、左顎の生理的問題の調整

検査術後・口の開放時の痛みはほぼなし。食事の痛みは帰宅後ご様子見

3回目

今回まで改善点・前回の開放時のあごの痛み軽減。 あごからくる肩こりの不快感の軽減。

 

主訴・食事の痛み。

検査術前・左頸椎4番目の構造的問題

施術・左頸椎4番目の構造的問題の調整

検査術後・左頸椎4番目の構造的問題の改善

4回目

1~4回目まで週一回のペースで施術

食事の痛みはほぼ改善。不具合なく食事ができる状態。あごがかくかく鳴らなくなる。

術前検査時の首、あごの動きは正常に近いくらいまで改善。

5・6回目

前回の施術前の段階であごの不調の改善が見られたので、5.6回目は1か月開けてあごの状態を経過観測。

今回の改善点・あごの痛みの再発なし。食事、開放時の痛みなく1か月過ごせる状態。

 

術前検査・首、あごの動き陽性。

再発防止のために骨盤、頸部の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)を施し全身のゆがみを調整。

まとめ

こちらの方の顎関節症の症状は「食事でのあごの痛み、開放時のあごの痛み」でした。

 

初回時に検査をしていくと左顎、左首の硬さは顕著にみられました。

まずは左顎と首のゆがみを原因となる部分を見つけるために骨盤調整でゆがみを改善し、筋肉調整で血行を改善していきました。(生理的な問題を目的として施術)

 

上記生理的の問題の施術を行っても左顎、首のゆがみが改善されないためゆがみの部分に構造的な問題があります。

 

2.3回目以降から左顎、首に対する構造的なゆがみの施術を行ったことで構造的な問題が解除され左顎の食事中の痛みが改善されたと思われます。

 

その後、5.6回目の施術で骨盤調整のゆがみを改善し、筋肉調整で血行を改善して全身のゆがみのいい癖をつけることで1か月以上たっても症状が再発しない状態まで改善。

 

今回の方のあごの痛みの原因は【首のゆがみ→あごのゆがみ→あごの痛み】

上記のような流れで体のゆがみからあごの痛みを発生させていたと考えられます。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ16,100名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。