顎関節症の症状

  • 顎が痛むので食事が楽しく無くなった。
  • 顎の不調で会話するのが億劫になる。
  • 口を開けると音が鳴る。

顎でこのような不調をお持ちの方はいろどり整体に多く来られます。

 

今回は顎関節症の症状を説明していきます。

下の方には顎関節症のセルフチェックもございますのでご興味にある方はお読みくださいませ。

顎関節症の5つの症状とは

あごが痛む

顎や頬やこめかみに痛みがでます。

食べ物を噛むとき・会話など、あごを動かした時に痛むのが特徴です。

あごを動かしていない時に痛む場合は他の病気の可能性が高いです。

あごを動かすと音がする

あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音がします。

 

症状が音だけの場合は、顎関節症の程度としては軽度の場合が多いです。

とは言っても症状が悪化すると痛みが出たり開口障害になる場合もございますのでご注意下さい。

口が大きく開けられない

正常な人の顎は縦に指が約3本分以上入りますが、指が2本分 以下しか入らない・開かない状態になります。

 

開口時に顎の痛みを併発する場合と痛みはないが開口できない場合の2パターンがございます。

急に口が開かなくなる場合と、徐々に開きづらくなる場合とあります。

症状の過程は人それぞれです。

噛み合わせに違和感がある

歯を噛みしめるときに違和感が出てきます。

 

こちらの原因で多いのは、あごの関節や筋肉に異常があると、あごの動きに正常に動きにくくなり噛み合わせに違和感が出るようになります。

今までは真っすぐに顎が動いていたのに、顎に異常が起きることで噛むときに左右に少しずれるのが原因です。

 

特に顎や歯の神経は敏感のため数ミリの違いでも違和感を感じやすくなると言われています。

口を完全に閉じることができない

こちらは珍しいケースですが、顎の関節や筋肉の異常のせいで口が閉じ無くなる場合もございます。

無理やり動かすことで痛みを伴うケースもあります。

 

顎関節の脱臼によっても顎が動かなくなる場合もございますので、このような時は早急に病院に行かれることをお勧めします。

顎関節症と併発する症状

肩コリ・首コリ・頭痛・耳の痛み・手先のしびれ・耳鳴り・めまい・難聴・耳の違和感・眼精疲労・歯の痛み・歯の違和感・腰痛・背中の痛み

などが顎関節症と併発する場合がございます。

 

そのため、これらの不調がある方は顎関節症予備軍とも言えます。

顎の痛み・口が開けづらい病気・ケガ

親知らず。

口腔内の炎症・神経・細菌などによる痛み

顎関節(顎の骨)の骨折、脱臼

顎周辺の筋肉の炎症、硬縮、ケガ

など原因で顎の痛みを引き起こします。

顎関節症のセルフチェック

  • 噛むと顎が痛む
  • 噛み合わせで違和感が出る
  • 口を開けづらい
  • 口を閉じにくい
  • 口を開ける・閉じるときに「シャリ」「カクッ」など音が鳴る
  • 口を開けたまま下あごを左右に動かすと「シャリ」「カクッ」など音が鳴る
  • 口を開けるときに真っすぐ開けられない
  • 口を閉じるときに真っすぐ閉じない
  • コメカミ~もみあげ~顎のラインを押すと強い痛みがある

いかかでしたでしょうか?

チェックが2個あると顎関節症の隠れ予備軍の可能性が高いです。

チェックが4個以上の方は顎関節症の可能性が特に高く感じられます。

こちらの質問はあくまでセルフチェックですので顎の不調や痛みが続く方は病院での検査をお勧めします。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ16,100名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。