五十肩・四十肩とは

急に肩~腕が痛くなる四十肩・五十肩を経験したことがある方も多いと思います。

 

四十肩・五十肩になると腕を動かすのも痛く日常生活でも支障が出ますよね。

今回のブログでは【四十肩・五十肩】について簡単にまとめてみました。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩は長年負担を掛け続けた「肩、首、腕、背中」の筋肉や靭帯・腱の緊張が起きて、筋肉・靭帯・腱が固くなり炎症が起きている状態です。

原因

四十肩・五十肩は肩周辺の組織(筋肉・靭帯・腱)の負担の掛け過ぎで発症します。

その反対の動かさなすぎによる肩周辺の組織に代謝低下(老化)でも発症します。

日常生活が影響して肩周辺の変異を起こして四十肩・五十肩が発生します。

 

受診する病院は「整形外科」が一般的です。

四十肩・五十肩と言いますが病院では「肩関節周囲炎」と診断されます。

年齢は40~60代の発症率が多いです。(30代の肩関節周囲炎の方もいます)

 

発生の男女差はあまりありません。

四十肩・五十肩の痛みで病院・整体などに通う男女比では女性の方が多く感じます。

 

四十肩・五十肩は左右の肩に発症する可能性はあります。(利き手側だけに四十肩・五十肩が出るのもではございません)

 

しかし、左右の肩が四十肩・五十肩に同時期になる方は少ないです。多くの場合は片側どちらかの肩に発症します。

ただし、両方の肩に発症する可能性がございますので片方の肩が発症して改善した後に反対側の肩に四十肩・五十肩が発症するケースも見られます。

 

その為一度、四十肩・五十肩が改善したからと言って普段の生活で肩に負担の掛け過ぎやその反対の動かさなすぎは再発しやすくなります。

普段から肩周辺の負担を減らして適度な運動を行うことが「四十肩・五十肩」の対策となります。

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩の症状は「痛み」と「運動制限・動きの低下」になります。

 

肩関節周辺の筋肉・腱・靭帯などの組織が炎症や硬直しています。

その炎症や硬直した肩を無理やり動かす時に痛みと運動制限が起きます。(さび付いた機械を無理矢理動かすと固く力がいるのと同じです)

 

「肩を上げる」「反対側の肩を触る」などの動作時に痛みが出やすいです。

日常生活では下記のような時に痛みが出やすいです。

  • シャンプー・ドライヤー・髪の毛を結ぶ・など腕を上げる動作
  • 掃除・運転・背中に腕を回す・腕を反対側の腕に回す・など腕を動かす動作
  • 腕を急に動かす・引っ張られる・寝返り・など

四十肩・五十肩の2つの種類

四十肩・五十肩は、発症初期の「急性期」と発生後期の「慢性期」に2つの種類に分けられます。

 

急性期は安静時でも痛みがあります。対処法は「安静」です。

慢性期は安静時の痛みは軽減しますが、動作時に痛みがあります。対処法は「痛く無い範囲で動かす」です。

 

詳しくは「五十肩・四十肩の種類」で説明しております。

四十肩・五十肩と似た症状

石灰化、腱板炎(けんばんえん)、腱板断裂(けんばんだんれつ)、頚椎症(けいついしょう)、変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう)、その他。

このような症状の可能性がございますので一度、医療機関での検査をお勧めします。

四十肩・五十肩の発生までの流れ

  1. 日々の疲労が溜まると骨盤はゆがみます
  2. 骨盤がゆがむことで体のバランスが乱れて肩に負担のかかる姿勢になります。
  3. その状態で日々の生活を送ると骨盤の働きである血液を送り出すポンプの働きが低下するため血行不良になり肩が凝ってきます
  4. そして血行不良になると肩周辺の筋肉に老廃物が停滞します。
  5. 筋肉に老廃物が停滞すると筋肉の代謝が正常に行われないため、古く老化した筋肉のままになります。
  6. その老化した筋肉でいると筋肉が収縮し固くなることで腕を動かす時に痛みだしたり、腕が上がらなくなります。
  7. 四十肩・五十肩の発生

日々の疲労→ゆがみ→血行不良→肩周辺の筋肉のコリ→筋肉に老廃物停滞→筋肉・腱・靭帯の老化・炎症・硬直→四十肩・五十肩の発生。

このような流れで【四十肩・五十肩】が発生します。

最後に

いかかでしたでしょうか?

今回のブログでは「四十肩・五十肩」についての簡単な説明をお話ししました。

 

四十肩・五十肩でお悩みの方はお気軽に【いろどり整体・藤枝】にご相談下さいませ。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ16,100名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。

四十肩・五十肩について詳しくはこちら

四十肩・五十肩

この記事に関する関連記事