四十肩・五十肩発生までの7ステップ

なぜ、骨盤がゆがむと四十肩・五十肩になるのか?

四十肩・五十肩の発生までの7ステップ

1、日々の疲労が溜まると骨盤はゆがみます

2、骨盤がゆがむことで体のバランスが乱れて肩に負担のかかる姿勢になります。

3、その状態で日々の生活を送ると骨盤の働きである血液を送り出すポンプの働きが低下するため血行不良になり肩が凝ってきます

4、そして血行不良になると筋肉に老廃物が停滞します。

5、筋肉に老廃物が停滞すると筋肉の代謝が正常に行われないため、古く老化した筋肉のままになります。

6、その老化した筋肉でいると筋肉が収縮し固くなること腕を動かす時に痛みだしたり、腕が上がら無くなります。

7、四十肩・五十肩の発生

 

日々の疲労→ゆがみ→血行不良→肩周辺の筋肉のコリ→筋肉に老廃物停滞→筋肉の老化→四十肩・五十肩の発生。

これが四十肩・五十肩が発生するまでの流れです。