【40代・男性】事務作業中のふらつき・酔う感じのめまい

主訴【めまい・ふらつき】

  • 事務作業中のふらつき・めまい
  • 頭動かすとふらつき悪化・酔う感じ
  • 自律神経の乱れ
  • 胃腸の不良・吐き気

病院での治療、処置

自律神経の乱れで20代から薬を服用・調子の悪いときだけ。

1回目・11/2

検査術前・頭の重さ、背中(呼吸が浅い)、ストレス性のゆがみ、骨盤・背骨のゆがみ

施術・骨盤、頸部の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)

検査術後・頭の重さの軽減、ストレス性のゆがみ残る

 

術後の改善点・体の軽さ実感

2回目・11/10

主訴・めまい、事務作業中のふらつき、酔う感じ

 

検査術前・ストレス性のゆがみ、頭蓋の硬さ、肺の硬さ

施術・骨盤の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)、ストレス性の施術

検査術後・ストレス性のゆがみの改善、肺の硬さ改善

3回目・11/17

今回まで改善点・めまいの回数軽減・発症時の程度の軽減

 

主訴・事務作業中のめまい、ふらつき(たまに)、酔う感じ

検査術前・手首、足首の構造的問題、全身の血行不良

施術・手首、足首の構造的問題の施術、全身の血行促進

検査術後・手首、足首の構造的問題の改善

4回目・12/1

日常生活でのめまい、ふらつきの回数軽減。

事務作業中のめまいが少し残る。同じ作業量でも回数は軽減

 

ストレス性のゆがみ、肺、頭の重さ・陽性。

 

5回目・12/22

前回の施術前の段階でめまいの不調の改善が見られたので、5回目は3週間開けてめまいの状態を経過観測。

今回の改善点・めまいはほぼ改善。たまにめまいが出るが数回程度まで改善。

 

主訴・たまに出るめまい。肩こり(めまいが改善してきたら気になるようになる)

術前検査・首、肺の動き、ストレス性のゆがみ陽性。

再発防止のために骨盤、頸部の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)を施し全身のゆがみを調整。

6回目以降

めまいの症状が出ずに1か月過ごせる状態。

仕事中のふらつきも改善。

まとめ

こちらの方のめまいの症状は「事務作業中のふらつき・めまい、頭動かすとふらつき・酔う感じ」でした。

 

初回時に検査をしていくと頭の重さ、背中(呼吸が浅い)、ストレス性のゆがみがみられました。

めまいの方の多くは「頭の重さ、背中(呼吸が浅い)、ストレス性のゆがみ」が共通して多くみられます。

 

まずは頭の重さ、背中(呼吸が浅い)、ストレス性のゆがみを改善するためにゆがみを整えて血行促進とストレス性の施術を行いました。

このパターンのめまいの方は頭の重さ、背中(呼吸が浅い)、ストレス性のゆがみが安定するまでは上記の施術を行っていくことがめまい改善に効果的な場合が多いです。

 

2回目まで上記施術を行いある程度ゆがみが安定してくることで、今まで表面に出てこなかったゆがみが出てきます。(ゆがみが強いせいで隠れている)

 

3回目の施術で手首・足首の構造的な問題の表面化。

手首・足首の構造的な問題の施術をしたことで4回目の施術前の段階でめまいの軽減を確認。

 

手首・足首の構造的問題が根本的なゆがみから骨盤・脊柱のゆがみ→自律神経の乱れを起してめまいが起きていたと推測される。

 

5回目以降はゆがみを整えて血行促進を目指すことでめまいの再発防止を目的とした。

その結果、めまいの症状が出にくくなったと考えられる。

 

今回の方のめまいの原因は【手首・足首のゆがみ→体のゆがみ→頭の重さ・呼吸が浅くなる→自律神経の乱れ→めまい】

上記のような流れで体のゆがみからめまいを発生させていたと考えられます。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ13,400名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。

めまいについて詳しくはこちら

めまい

この記事に関する関連記事