【60代・女性】歩行時、立つとき、首を動かすときに悪化するめまい・ふらつき

主訴【めまい】

  • 歩行時、立つとき、首を動かすときにふらつく
  • めまいで仕事を休む
  • 嘔吐・気持ち悪さ
  • 1か月前から発症。過去にメニエール病の診断あり

病院での治療、処置

薬の処置。

50代の頃はメニエール病で通院。

1回目・9/5

検査術前・頸部、頭の重さ、左肩、下腿、骨盤・背骨のゆがみ

施術・骨盤、頸部の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)

検査術後・頸部、頭の重さ軽減、左肩の可動性改善。

2回目・9/11

今回までの改善点・吐き気の改善、めまい・ふらつきの程度軽減傾向

主訴・ふらつき、午前中が強く出る、立つとき、首を動かす

 

検査術前・左顎、四肢の循環問題

施術・骨盤の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)、左顎の生理的問題の調整

検査術後・左顎の生理的問題改善

3回目・9/19

今回まで改善点・前回よりさらにめまい・ふらつきの程度軽減傾向

 

主訴・めまい・ふらつき

検査術前・肺、横隔膜、肝臓の生理的問題

施術・肺、横隔膜、肝臓の生理的調整

検査術後・肺、横隔膜、肝臓の生理的問題の改善

4回目・9/29

めまい・ふらつきの改善。

歩行時、首を動かす、立つときのふらつきはほぼなく生活できる。

 

前回の呼吸器系(肺、横隔膜)と肝臓の硬さの再発なし。

 

5回目・10/11・6回目・10/26

4回目の施術前の段階でめまいの症状の改善が見られた。

今回の改善点・めまい・ふらつき改善・仕事に支障なく作業ができる。

 

術前検査・全身の血行不良、骨盤のゆがみ

再発防止のために骨盤、頸部の調整(ゆがみの問題)、全身の筋肉の調整(血行の問題)を施し全身のゆがみを調整。

 

5.6回目の検査でも1~4回目のめまいに関連していたゆがみの再発なし。

まとめ

こちらの方のめまいの症状は「歩行時、立つとき、首を動かすときに悪化するめまい・ふらつき。めまいによる吐き気」でした。

 

初回時に検査をしていくと頸部、頭の重さ、左肩、下腿、骨盤・背骨のゆがみがみられました。

まずは頸部と左肩、下腿のゆがみを原因となる部分を見つけるために骨盤調整でゆがみを改善し、筋肉調整で血行を改善していきました。(生理的な問題を目的として施術)

 

上記生理的の問題の施術を行うことで頸部、頭の重さ、左肩のゆがみの改善。

生理的な問題によるゆがみの部分と判断。

 

2回目の施術後には吐き気の改善。

 

3回目の施術では肺、横隔膜、肝臓のゆがみが表面化されてきたことでこちらのゆがみの調整。

上記のゆがみは初回時の検査では陰性であったが2回ほど施術をしてゆがみが改善し血行が促進されたことで古くのゆがみが隠れていたが表面化されてきたものである。

 

4回目の施術ではめまい・ふらつき、吐き気の改善が見られる。

このことから前回の表面化されてきた肺、横隔膜、肝臓のゆがみが引き金となりめまい・ふらつき、吐き気の症状を起こしていたものであると判断。

 

5.6回目の検査でも1~4回目のめまいに関連していたゆがみの再発なし。

 

今回の方のめまいの原因は【肺・横隔膜。肝臓のゆがみ→骨盤のゆがみ→首のゆがみ→めまい】

上記のような流れで体のゆがみからめまいを発生させていたと考えられます。

著者プロフィール

藤枝市で【痛く無い】骨盤矯正専門のいろどり整体「佐野 達也」

 

【延べ16,100名以上】の骨盤のゆがみと不調改善をしております。

 

皆様の体の不調を改善や予防の為の情報を「詳しく・分かりやすく」ご紹介していきます。

お体で不調やご不安など気になることがございましたらお気軽にご相談下さいませ。

めまいについて詳しくはこちら

めまい

この記事に関する関連記事